有限会社 トーユウ

TEL:0120-406-359

ご相談・お見積もり フォームへ

HOME > 住宅・店舗の防水塗装工事

住宅・店舗の防水塗装工事

ご自宅の屋根をまじまじと見ることなんてありませんよね?
紫外線を浴び続け、雨風に耐え、鳥のフンに攻撃され、それでも私たちを守ってくれています。

屋根の防水工事
毎日過酷な状況にさらされている屋根は建物の中で最も傷みやすい箇所なのです。
紫外線と雨水によって劣化した屋根。表面の塗装が剥がれてしまい、屋根材自体がむき出しになってしまうと
屋根材自体には防水効果がないので、雨水を吸い込んでしまいます。

外壁塗装を行なう際、塗料に求める最も重要なことは『防水性』であると我々は考えます。

防水塗装
右の写真は、外壁のひび割れから浸入した雨水により腐食してしまった断熱材です。
オーナーさんは外壁のひび割れに気づいていたものの、そのまま2年間放置していたそうです。こうなってしまってはすでに手遅れ。余分な補修費用がかかってしまいます。

仕上がり具合や外観はもちろんのこと、建物を水から守る『防水性』を最重要に考えた『防水塗装』を一度考えてみませんか?
下地処理を丁寧に行い、耐久性と防水性に優れた塗料を使うことにより、建物の寿命を大幅に延ばすことが可能です。

このような症状はありませんか?

チョーキング

チョーキング
長い間、紫外線や雨風にさらされて劣化した塗料の成分が、粉状になって表面に浮き出てきた状態。触ると手にチョークのような白い粉がつきます。
このような状態になると、防水性能が著しく低下し、塗膜の劣化がどんどん進んでいきます。建物自体に影響しないうちに早めの外壁塗装をお勧めいたします。

クラック

クラック
外壁のあらゆるところで発生するひび割れのことです。原因としては様々なことが考えられます。クラックの中でも特に小さなクラックは、見た目が分かりにくいので放置しがちです。
そこから雨水などが入り、断熱材を腐らせたり、基礎内部の鉄筋を錆びさせ、躯体の耐久性を著しく落とす危険性があります。

コーキングの劣化

コーキングの劣化
外壁の目地などに充填する防水材をコーキングと呼びます。本来柔らかく弾性のあるはずのコーキングも、建物の経年、立地条件など様々な要因でボロボロになってしまいます。
外壁がサイディングボードの場合は防水としてのコーキングが重要ですが、このようになってしまっては雨水が入り放題ですね。コーキングは使用する場所や施工内容により様々な種類を使い分ける必要があります。一言でコーキングと言ってもやはり適材適所なのです。

変色・色あせ

変色・色あせ
毎日のように紫外線や雨風にさらされている外壁は、経年劣化により変色や色あせを必ず起こします。美観もさることながら、建物自体を守るためにも早めの塗り替えをお勧めいたします。
小さなひび割れもそのうち大きくなりますし、それがたくさんになれば余分な補修費用もかかってしまいます。

汚れ・微生物汚染

汚れ・微生物汚染
外壁の汚れやカビ・コケ類の付着。微生物の付着は壁が水を吸い込んでいる状態といえます。微生物の繁殖も進み、チョーキングやクラックなども起こりやすくなりますし、防水効果もなくなり外壁腐食の原因となります。また外観も損ねます。
汚れに強く防カビ性を備えた塗料もありますので一度お試し下さい。

こだわりの塗装
こだわりの塗装技術で満足いく仕上がりをお約束します!
創業以来数多くの住宅、マンション、ビル、工場など、建物の塗装を行ってきました。建物の種類によって塗装方法は変わりますし、塗装する箇所によっても変わってきます。
ただ、変わらないものは、お客様からの「きれいになった」「またお願いするわ」といった言葉をいただくことです。
当社では、その言葉をいただくために様々なこだわりをもった塗装を行っております。洗浄へのこだわり、養生へのこだわり、下地処理へのこだわり、塗料へのこだわり、そしてお客様へのこだわりなどです。
そのこだわりの塗装技術でご満足いただける防水塗装工事をお約束いたします。

ご満足いただける防水塗装工事

高圧洗浄

高圧洗浄
高圧洗浄機を用い、ホコリや頑固な汚れを除去します。ここでしっかり除去しないと、塗料が確実に密着しません。

養生

養生
塗らない箇所を保護するのが目的です。ただ塗料の飛散は必ずありますので、他に塗料が付着しない様に細部に渡り養生を行っております。

下地処理

下地処理
ケレン・研磨をしっかり行い、下地の状態が100%になるまでとことん処理を行います。その後責任者が確認します。非常に地味で手間のかかる作業ですが、ここで手を抜くと後々の不具合に繋がります。

マンション

マンション
アパートやマンションなどの共同住宅では入居者の皆様に多少のご不便をお掛けすることになります。ベランダ側の早期開放や出入りの際の安全確保、プライバシーの確保など徹底して工事を行ないます。

調査・現状把握

調査・現状把握
まずは現場を見て、現状の確認をします。
建物の劣化箇所を細かくチェックし、結果をお客様に報告いたします。

塗り替えの必要があるならば、お客様からの質問やご要望をお伺いし、今後の仕事の流れを決めていきます。

工事

工事
当社からのご提案に納得いただき、ご契約をいただいたならば工事に取り掛かります。

近隣への配慮や安全性を徹底し、当社の防水塗装のプロが今までの経験を生かしつつ施工いたします。
工事中、気になることがあれば柔軟に対応いたしますので、お気軽にお申し付け下さい。

アフターメンテナンス

アフターメンテナンス
工事完了=仕事の終わりではもちろんありません。

工事後も定期的に現場にお伺いし、お客様の声をお聞きしたり、施工箇所のチェックを行いますので、アフターメンテナンスも万全です。

住宅・店舗の塗装工事のカテゴリーを選んでください。

前のページに戻る
ページの先頭へ